本日きのわオンラインショップにご来店いただいた皆様、ありがとうございました。
このところ立て続けに新製品をリリースしていますが、今日も出ました!

浮世絵シリーズ第三弾は、葛飾北斎の富嶽三十六景より「神奈川沖浪裏」です。
前回に引き続き、なんて読むの?という感じですが、これはそのまま、「かながわおきなみうら」でいいようです。
原画は、今にも波がせまってきそうな迫力ですよね。
木はり絵も負けていません。

富嶽三十六景

しぶきの細部まで丁寧に表現しました。
富嶽三十六景というからには、富士山もちゃんといますよ。

富嶽三十六景

巨大な波とそれに翻弄される舟をあやつる舟人達、そして遠くに臨む富士山という、大胆でありながら動と静をうまく対比させた構図はほんとうに素晴らしい!
日本の誇れる文化です。

この木はり絵も、波のカッティングはなかなか手ごわいですが、ぜひ皆さんに挑戦していただきたい自信作です。

ほかにも素敵なデザインの木はり絵手作りキットをそろえております。
⇒ きのわオンラインショップへは こちら からどうぞ

製品紹介 その15 「神奈川沖浪裏」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です