本日きのわオンラインショップへご来店いただいた皆様、どうもありがとうございました。
爽やかな風が吹く、とても気持ちいい秋の日でしたね。

暑い夏が終わると、また、イベントの季節がやってきます。
それに備えようと、ストラップやブローチといった雑貨をつくろうとしたら、ヒノキの土台が残り少なくなっていました。

というわけで新しくヒノキを仕入れたのですが、木はり絵をくっつける前に、やらなければならないことがあります。

木はり絵用ヒノキ

ことことと、大鍋で煮込みます。
なぜこんなことをするかというと、ヒノキには、ヤニが含まれるので、これを除かないと、あとで茶色いシミのように浮き上がってくることがあるのです。

煮るときは、ヒノキが浮き上がってこないように、しっかり落し蓋をして。
沸騰してくるにつれて、アクのようなものがいっぱいでてきます。

木はり絵用ヒノキ

この作業をしていると、部屋いっぱいにヒノキの香りが漂って、とてもいい気持になります。

が!!
この後、ヤニ成分がこびりついたお鍋をひたすら洗わなければならないというのは、ナイショのお話です♪

素敵なデザインの木はり絵手作りアートキットを多数そろえております。
⇒ きのわオンラインショップ へぜひご来店ください

ヒノキ、煮込み中です

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です