本日きのわオンラインショップへご来店いただいた皆様、どうもありがとうございました。
今日も、朝降った雪が、夕方には跡形もなくなってしまいました。

木はり絵をつくった方から、時々こんな感想をいただきます。

楽しかったんですが、線に沿って切ろうとしても、木が裂けてしまうんです。
裂けない木だと、もっと楽しめると思うんですが…

制作風景

うーん、困りました。
木はり絵で使っている木のシートは、天然の木を薄くスライスしたものですが、裏側を、和紙で薄く裏打ちされています。
これが、木だけだと、よくお肉を包んでいるような経木みたいに、ちょっと力を入れただけで裂けてしまいます。
でも、木はり絵の木のシートは、和紙で裏打ちされている分、裂けにくくなっているのですね。

まったく裂けない木、となると、なにか加工された木を使うか、もっと簡単なところだと、紙を使っても、木はり絵のような切り絵ができます。
これでは、天然の木のおもしろさが伝わらないと思うのです。

きのわは、手触りや香りに加えて、「木って裂けるんだね」という感覚も含めた、天然の木の良さをお伝えしたいと思っています。

切り身で泳いでいる魚はいないのと同じように、裂けない木もないのです。
おっと、飛躍しすぎてしまいました。
当たり前の感覚、大事にしたいですね。

ちなみに、カットするときに木が裂けてしまう問題は、ゆっくり作業すると、たいていの場合うまくいきます。
天然木の香りに癒されながら、ゆったりとした気分で、お楽しみくださいね(^^)

素敵なデザインの木はり絵手作りアートキットを多数そろえております。
⇒ きのわオンラインショップ へぜひご来店ください

薄くした木は裂けるものですよ~

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です