本日きのわオンラインショップへご来店いただいた皆様、どうもありがとうございました。
昨日の朝にうっすらと積もった雪は跡形もなく、今日はおだやかな1日でした。

久しぶりに、きのわの「木の話」。
昨年の春ごろから木はり絵のキットに使い始めたクルミです。

強烈な個性を持ち、金色に輝いていたマツのかわりに探し出した樹種です。
マツのような派手さはなく、どちらかといえば、「渋い」色合いですね。

英語でいうと、「ウォルナット」、なにやらかっこいい響きですが、一般的にウォルナットというと北米産のものをいいます。
もちろん、きのわで使う木は日本産なので、「クルミ」なのです。

クルミは、実はそのまま食べたり、油を搾ったり、樹皮は染色に使ったり、そして、木材としては家具や建築に使ったりと、本当に働き者です。
こうやって書いてみると、つくづく、人は自然からの恵みをたくさん使わせていただいているのだなと感じますね。

きのわでも、木を少しでも無駄にしないような使い方を心掛けたいと思います。

素敵なデザインの木はり絵手作りアートキットを多数そろえております。
⇒ きのわオンラインショップ へぜひご来店ください

きのわの「木の話」 その10 クルミ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください