今回ご紹介するのは、世界遺産シリーズより「ストラスブール」です。

フランスはアルザス地方の一都市で、街並みが世界遺産に登録されています。

まずは、そのメルヘンな世界をご覧ください。

ストラスブール

この街並みから、スタジオジブリの「ハウルの動く城」がイメージされたといわれています。

そういわれてみれば、なんだか見たことがあるような気がしてきませんか?

アップにしてみると…

ストラスブール

この作品、きのわの木はり絵の中でも群を抜いて、中抜き(窓抜き)の部分が多いのです。

切りすぎないよう、曲がらないよう、切り抜いたパーツを組み立てると、こんなに立体感が出ます。

頭を空っぽにして、何かに集中したいときにいいですよ。

 

さて、できあがった木はり絵は額に入れるといっそう引き立ちます。

ちょっとマットの色を変えて遊んでみました。

ストラスブール

また雰囲気が変わりますね。

額縁やマットもオンラインショップで取り扱います。

ぜひお好みの色を見つけてください。

 

⇒ きのわオンラインショップへは こちら からどうぞ

製品紹介 その4 「ストラスブール」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です