安藤広重の「東海道五十三次」をデザインした木はり絵第二弾は、「大津 走井茶屋」。

東海道の終点の京都まであと少し。
なんとなく都が近いことを感じさせる、滋賀県の宿場町の賑わいが表現されています。
お茶屋さんの奥の方まで描かれているため、木を貼ったときの遠近感に苦労しました。

東海道五十三次「大津 走井茶屋」

さて、次はどこの宿場町が登場するでしょうか?

木はり絵「東海道五十三次」第二弾リリースしました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です