本日きのわオンラインショップへご来店いただいた皆様、ありがとうございました。
木の話3回目は、「マツ」です。

マツも、なにかと日本人にはなじみの深い木ですよね。
多くの種類がありますが、代表的なものではクロマツ、アカマツ、唐松、トドマツなどがあります。
木材としての利用の他にマツヤニの採取、食用としてのマツの実など様々な利用価値があります。
木目はこんなのです。

マツ

世界遺産シリーズ「姫路城」では、「松」を「マツ」でつくりました。
わかった人、さすがです!

また、ご覧の通り少しゴールドがかった色をしていますので、世界の名画シリーズ「ヴィーナスの誕生」では髪に使っています。

ヴィーナスの誕生

現在開発中の木はり絵でも、やはり髪として活躍しています。
もうすぐ発売になりますので、お楽しみに!

このマツ、切ってみるとわかるのですが、見た目よりも堅いのです。
ついつい力が入ってしまい、取り替えたばかりのアートナイフの刃先がもう欠けている...
おかげで、私のカッターマットは、欠けて食い込んだ刃先があちこちできらきらと光っています。
ええ、わかっているんです。そんなに力を入れなくてもいいということは。
でも、やっぱり、熱中してしまうとついつい...
皆さんは、力を加減しながら切ってくださいね。

素敵なデザインの木はり絵手作りキットをそろえております。
⇒ きのわオンラインショップへは こちら からどうぞ

きのわの「木の話」 その3 マツ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です