本日きのわオンラインショップへご来店いただいた皆様、どうもありがとうございました。
今日は、福島県内の県立高校の卒業式、旅立ちにふさわしいピカピカのお天気でした。

今回は、「木はり絵「バベルの塔」貼っています♪ その1」の続きです。
前回は、ベースにスペーサーという厚紙を貼ったところでした。

木はり絵「バベルの塔」

つまり、塔の部分に、スペーサーと同じ厚みになるだけの突板シートを貼っていくわけです。
それでは貼っていきましょう。

木はり絵「バベルの塔」

窓を抜いた突板シートを重ねたので、少しだけ奥行き感が出ました。
さらに貼ります。

木はり絵「バベルの塔」

実際の建て方とは違って、木はり絵では、建物の上の方から完成していくようです。
次の層を貼りましょう。

木はり絵「バベルの塔」

塔の上は完成し、雲がかかりました。
塔の中ほども、かなり立体感が出ています。
もう一枚重ねてみましょう。

木はり絵「バベルの塔」

ほとんど変わっていないようですが、塔の下の部分は、スペーサーを貼ったところとほぼ同じ高さになりました。

さて、記事では、貼る作業だけを追っているので、次々に進んでいるように思えますが、実際は、小さな窓抜きが多いため、パーツのカットにかなり時間がかかります。
集中力も必要ですし、一気に完成させるのもなんだかもったいないので、今回はここまでにしましょう。

素敵なデザインの木はり絵手作りアートキットを多数そろえております。
⇒ きのわオンラインショップ へぜひご来店ください

木はり絵「バベルの塔」貼っています♪ その2

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です